So-net無料ブログ作成

パクパク仔馬 [動物日記]

仔馬は、大人の馬が近付くと、口をパクパクさせて「ボク(わたし)はこどもだから、いじめないで。」と大人の馬にお願いする、と以前紹介した「馬語手帖」に書いてありました。「スナッピング」といい、誰に教わるでもなく、こどもの時期には(たいていは)自然にやるそうです。

先日、「伊豆ホース・カントリー」でも、アラブのこどもたちが、大人に邪険にされるたびに、パクパク、パクパクとお願いしながら逃げ惑っていました。

みんな必死な顔でパクパクするので、少しかわいそうだなぁ、と思ったのですが、ほとんどの大人はせいぜい威嚇する程度なのに、中にはこどもでも容赦なく後足でドンっと蹴る者もいて、アレを喰らうと思うと必死にもなるなぁ、と変に納得しました。

今回紹介する映像も、そういった場面を偶然撮ったものです。

大人の牝馬で、集団のリーダー格であるアイマ姐さんと、近くにいた仔馬のジースター君ににんじんをあげていたら、アイマ姐さんがなんと!ジースター君を追い払ってしまいます。そして、アイマがにんじんをせがんでくるかと思いきや、衝撃のラストを迎えたのでした。

ジースター君とアイマ姐さん.jpg

ジースター(左)「何かくれるの?」

アイマ(右)「あら・・・っ、それいただけるかしら?」


ジースター君.jpg

ジースター「わーいっ、いただきまーすっ」


いじめないでーっ.jpg

アイマ「ちょっとアンタっ、なに食べてんのよっ!!」

ジースター「ひゃあっ、わけわかんないけどごめんなさいっ」


ぺろぺろジースター君.jpg

ジースター「でもおいしかったよ、もっとほしいなー。」


あっちへお行きっ.jpg

アイマ「いつまでもいるんじゃないわよっ!さっさとおいきっ!!」

ジースター「わあっ!ごめんなさいっ!」


誘惑するアイマ.jpg

アイマ「うふっ、おこちゃまは行ったから・・・、おとなの遊びをしない?」


なんと、アイマ姐さんは向かいの放牧場にいる牡馬を誘惑し始めたのでした。食い気より色気、ある意味あっぱれだと思いました。



なお、この方がその色男さんです。
残念ながら、映像には登場しません。

色男.jpg


色男さん「ボクもにんじん食べたかったなー。」

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 2

makkun

こんにちわ~(^\^

馬さんたちにもそれなりの会話がありそうですよね~
CoCoが甘える時の声は分るんですが
馬さん達の甘え声ってどんなのかしら~(笑)

現在は交流が途切れましたが
10代の頃の知人が坂出市に居まして
2~3回行った事があるんですよ・・


by makkun (2012-12-26 15:12) 

讃岐人

makkunさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

ウマの甘え声は・・・、実はよくわかりません。
でも、甘えてくるときは、やさしい目をして顔をすり寄せてきます。
人から聞いた話では、「ブヒブヒ」とか「ぶぶぶぶ・・・」と(まるでブタさんのような)低い声?で鳴く者もいるようです。

ワンちゃんもそうでしょうが、たぶん、飼い主さんや身近に世話をしている人なら、もっと直感的と言いましょうか、的確に心情や言いたいことを理解できるのでしょうね。
by 讃岐人 (2012-12-27 05:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0