So-net無料ブログ作成

航空自衛隊府中基地納涼盆踊り [名所案内]

おはようございます。

今日は、名所というわけではありませんが、昨日行った航空自衛隊の府中基地の納涼盆踊りのことをお話しします。普段は入れない場所なので、入れる場所は隅々まで見物してきました。

航空自衛隊府中基地は、東京都の府中市にあり、最寄り駅は京王線の東府中駅です。
競馬をされる方なら、東京競馬場の最寄り駅のひとつ、ということで有名な駅です。競馬場とは逆の方向に歩いて10分ほどで到着します。

府中基地正門.jpg


住宅街の中にいきなり現れるのでびっくりします。
中に入ると、都会には似つかわしくないくらい広い空間が広がっていました。

府中基地内.jpg


二本の鉄塔がいかにも基地らしいですね。

そのまま鉄塔の方に向かうと会場らしいですが、門の右に戦闘機が展示していたのでそばにいってみました。

航空機展示状況.jpg


F-1支援戦闘機.jpg

F-1支援戦闘機


F-104J.jpg

F-104J要撃戦闘機


F-1は純国産で、主に陸上や海上の目標に爆弾やミサイルを投下するために使用されていたそうです。

F-104Jは、国内では「栄光」というニックネームが付けられ、「最後の有人戦闘機」とよばれていたそうです。一方で、世界的には「ウィドウ・メーカー(未亡人製造機)」と呼ばれるほど事故が多かったとか。アメリカでの正式なニックネームは「スター・ファイター」だそうです。

もとの道に戻って奥へと進むと、今度は売店の案内があったので覗いてみました。

府中基地売店.jpg

基地の売店


こじんまりとした売店でしたが、自衛隊グッズなども扱っていました。陸、海、空それぞれの制服姿のキューピー根付などがありました。

また会場へと進みます。鉄塔の下を通り過ぎると会場が見えてきました。

鉄塔.jpg


会場の手前では、装備品の展示が行われていました。
こういったところは、抜かりないですね。

装備品展示.jpg


軽装甲機動車.jpg

軽装甲機動車


人命救助システム2型.jpg

人命救助システムII型


普通消防車.jpg

普通消防車


軽装甲機動車は、主に基地の警備に使われているそうです。

人命救助システムII型は、災害救助などに使う機材をワンパックにしてコンテナに格納したもので、災害などが発生した時にトラックに積んで、現地ですぐに活動を開始できるようにしたものだそうです。

普通消防車は、試乗できるとあってこどもたちが行列を作っていました。
なぜか、みんな警笛を鳴らすのが印象的でした。

さて、これらを見たあと、ようやく会場に入りました。
会場では夜店なども出ていて、たいそうな賑わいを見せていました。

会場の様子.jpg


やぐらを組んでいる場所は、よく見るとヘリポートでした。
さすがは航空自衛隊です。

ヘリポート.jpg


逆に言うと、この基地にはヘリポートしか無いようです。やはり、住宅地の真ん中だからでしょうかね。

しばらく来賓あいさつが続いた後、盆踊りが始まりました。
府中よさこいの皆さんや、盆踊り連盟の方々が先導して、皆が踊りに加わっていました。

よさこい.jpg


盆踊り連合.jpg


この日は、午前中雨が降っていたので、開催するかどうか分からなかったのですが、天気が回復して、盆踊り日和になっていました。

と、思ったら、7時半過ぎから雨が降ってきたので、帰りに雨に濡れてしまいました。
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0