So-net無料ブログ作成
検索選択

保育士の先生の性別 [日記]

こんばんは。

不定期更新の本ブログをご覧下さり、誠にありがとうございます。早いもので、もう1月が終わってしまいましたね。「1月は行く、2月は逃げる」などとも言うそうですが、今年こそは時間に追われないようにしたいものです。

さて、実は私、今朝、フジテレビの「めざましテレビ」を観ました。

番組の中で、「男性保育士に娘の着替えをさせないで」という保護者の意見に関して、ちょっとした特集を組んでいました。そういう意見に対し千葉市の市長がツイッターに、そういう希望はわかるがそれは性差別と思うという旨のツイートをして話題となっていることをとりあげ、街頭インタビュー、保育士の先生や大学で児童教育を研究している教授の意見などを紹介していました。

番組としての意見は、どうやら男性保育士が女児の着替えなどの補助をするのは、容認すべきというもののようでした。

専門家の意見も、保育士は専門教育を受け、専門の資格を有するので、その専門性を尊重して欲しいというものでした。確かに「男性の医師が女児を診察すること」に対する抵抗感は少ないのではないでしょうか。そこには、医師の専門性に対する信頼があるように思います。

そういう点でも、こういった意見が出てくる背景には、「「保育」は誰にでもできる」という意識があるように感じます。

実はこの特集の中で気になったことがもう一つありました。街頭インタビューで取材した街の声を紹介していましたが、「男性保育士に女児の着替えなどの世話をさせるべきではない」という意見を持つ方が、皆、いわゆる「顔出し」を拒否されていて、首から下しか映されていなかったことです。

「気にしない」とか「プロなんだから信頼すべき」という意見を述べる方が皆、顔を画面に出していたため、否定的な意見を述べた方がかえって目立つように思いました。

これが番組の意見を強調するための演出なのか、それともたまたまなのかは分かりません。

「男性保育士に女児の着替えなどの世話をさせるのは良くない」などという意見は、堂々と顔を出して言えないようなやましい意見だ、という印象を、一般視聴者に植え付ける目的でそういう方のみ番組で紹介していたのだとすると、極めて悪質だと思いました。

あ、私は男性保育士が女児のお着替えを手伝うことは問題ではないと思います。彼らは保育の専門家であり、プロなんですから。性別だけを取りだして区別するには根拠が希薄であるように思いますし、性差別であるような気もします。

「差別ではなく区別だ」という方もいらっしゃるでしょうが、差別は「好悪に基づく区別」を推し進めた結果現れるものではないでしょうか。「好き」や「嫌い」は大切ですが、なぜそう感じるかの説明はできそうでできにくいものです。そして、それは人それぞれで異なり、実に様々です。一方で、公的資格というものは、可能な限り基準がはっきりとしていて、その付与要件に個人差が生じないように配慮されています。それゆえ、専門教育や訓練を受け、公的資格を付与された保育士に、業務の遂行能力に関して、「男女の違い」だけに基づく違いは無いと私は考えています。

あなたが企業の「総合職」として採用されている女性だとします。そして、どう考えても性別で成果に差が現れそうもない仕事が目の前にあるとします。その仕事をやりたいと思って、作業を始めていると、突然上司が「あなたにこの仕事は任せられない。なぜなら、あなたは女性だから。」と言われて仕事を取られたとして、あなたは納得できますか?

まあ、この件に関し「差別ではなく区別」と言えるような方は「納得できる」と言うんでしょうね。

とはいえ、こども自身が、例えば女の子が「男の先生は苦手だな」とか、「男の先生だと恥ずかしいな」とかと言っているのであれば、それは尊重すべきでしょう。

でも、その一方で「男の子と女性の保育士の先生」の関係については無視されているような気がいたします。男の子が「女の先生にお着替えを見られると恥ずかしい」と言っても、たいていの方は笑って無視するように思います。

それだけではなく、もっと視野を広げてみると「男性の手洗いや共同浴場の男湯の清掃を女性がすることは多いが、逆は少ない。」とか、「女性が泊まれるカプセルホテルは少ない」とか、「母子加算はあるけど父子加算は無い」とか、「男湯と女湯とで、明らかに女湯の方が狭いことが多い」とか、いろいろとありそうです。

あ、そういえば「こどもちゃれんじ」に登場する「ちゃれんじ園」の先生方も、担任の先生は皆さん女性(いぬこ先生、しかこ先生、くうこ先生)でしたね。体育指導の先生と園長先生は男性ですが、ここも何となく今様ではなくなっているのかもしれませんね。

話が発散してしまいましたが、とにかく「めざましテレビ」が紹介した「男性保育士に娘の世話をさせたくない」という街の声から、いろいろと考えさせられた一日でした。

では、まじめな話はこれくらいにして、きょうのらくがきです。

成人式の晴れ着を着てウキウキするハタチのにゃっきい(のつもり)です。

振袖!!(JPEG).jpg


まだまだ寒い日が続くと思いますが、皆さま、お風邪など召されませぬよう、くれぐれもお気を付けくださいませ。
失礼いたします。
nice!(57)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 57

コメント 2

tommy88

自意識過剰の顧客でしょうか。
生徒や園児を、お客様扱いするようになって学校は狂い始めました。
親と先生は選べません。
これが大原則です。
文句言いの過保護な親、子どもは大人になって干からびます。
そういうことに気づかない、目先の利益のアホ親は、放置。
未来を見て、先を生きる力がない大人は、放置。
これからは、放置国家ニッポンなのです。

by tommy88 (2017-02-02 08:09) 

ちょいのり

振袖の描き込み素敵!(*´д`*)

by ちょいのり (2017-02-03 03:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: