So-net無料ブログ作成
検索選択

しまじろうコンサート「しまじろうともりのきかんしゃ」観劇記 [しまじろう]

「全部ひとりでやらなくったっていいんだよ!!ぼくたちも会場のみんなが助けてくれるんだ。リリー、みんなでちからをあわせよう!!」

こんばんは。突然失礼いたしました。
今夜も、この不定期更新ブログに目を留めて下さり、ありがとうございます。

昨日から、2017年夏のしまじろうコンサート「しまじろうともりのきかんしゃ」が始まりました。

しまじろうともりのきかんしゃ(その2).jpg


私、さっそく今日観に行ってきましたので、そのことについて紹介いたします。

JR中野駅まで電車に乗り、そこから5分ほど歩いたところにある「なかのZERO」が会場でした。

中野駅(2017年5月27日).jpg


なかのZERO(2017年5月27日).jpg


しまじろうコンサートは、ここ何年かはいつも「なかのZERO」から始まっているような気がいたします。

肝心のお話の内容ですが、あらすじはこんな感じでした。(ここから内容について書いていますので、観る前に知りたくない方はご注意ください。

ある日、しまじろう君たちは、ガオガオさんやお姉さんに連れられて森にみんなで森の中にキャンプに来ました。キャンプの支度をするうちに食事の時間になったので、みんなで火を起こしてバーベキューを楽しみました。美味しい森の恵みに舌鼓を打つしまじろう君たち。その食べ物やお花やいろいろな森の恵みは「もりのきかんしゃ」が森を巡って運んできてくれているのでした。

食事をとりながら「もりのきかんしゃ」のことを教わったしまじろう君たちは、「もりのきかんしゃ」を見たいと思いました。すると、遠くから汽笛が聞こえてきました。ちょうど「もりのきかんしゃ」が到着する時刻になったのです。

ところが、機関車が見えてきたその時、突然、機関車は急ブレーキをかけてそのまま見えなくなり、辺りに大きな音が響きました。驚いたしまじろう君たちは、急いで線路の方に向かいました。

機関車が見えなくなった辺りに着くと、機関車が壊れて、貨物がそこら中に散らばっているのが見えました。しまじろう君たちが見まわしていると、機関車から一人の女の子が降りてきました。女の子の名前はリリーといい、「もりのきかんしゃ」ポッポー号の機関士でした。

リリーちゃんの家族は、代々ポッポー号の機関士を務めていて、リリーちゃんもその仕事を継ぐためにお父さんに付いて修行をしている途中なのですが、今日はお父さんが病気になったので、はじめて一人で運転していたのでした。そして、アヒルの親子が線路に立入ったので急ブレーキをかけたところ、ポッポー号が壊れてしまったのでした。

しまじろう君たちは、辺りに散らばっているポッポー号の部品を集め、貨車に荷物を戻し、列車がまた走れるようにリリーちゃんを手伝いました。やがてポッポー号の修理も終わり、リリーちゃんは出発するために機関を操作しましたが、うまく前に進めません。ガオガオさんが調べたところ、部品が5つほど見当たらないことが分かりました。

どうやら部品は側の崖の下に落ちてしまったようです。そこでガオガオさんは、飛行船のガオガオ丸を使って部品を探し、しまじろう君たちに見つけた部品を取りに行ってもらうことにしました。

しまじろう君、とりっぴい君、みみりんちゃん、にゃっきいちゃんは部品を見つけて持ち帰ってきましたが、リリーちゃんはどうしても見つけることができませんでした。

リリーちゃんは、自分だけなにもできないことが悲しくて、泣き出してしまいました。そんなリリーちゃんにしまじろう君は、自分たちもひとりで部品を見つけたのではなく、みんなの助けを借りて部品を見つけられたこと、ひとりで抱え込むのではなく、みんなで力を合わせることが大切だと説きました。

その時、線路に立入ったアヒルたちがやって来ました。アヒルたちは、リリーちゃんのために部品を探して持ってきてくれたのでした。森のみんなもリリーちゃんのことを応援してくれている、そのことに気付いたリリーちゃんは、改めてしまじろう君にポッポー号を動かすことを手伝ってくれるようにお願いしたのでした。

部品がすべて揃い、ガオガオさんの手によって組み立てが済み、今度こそポッポー号の修理が完了しました。ところが、なぜかポッポー号は動きません。みんながあきらめかけたその時、はなちゃんがポッポー号を応援し始めました。

すると、はなちゃんの呼びかけに応えるようにポッポー号が蒸気を吹き始めました。みんなは声を合わせてポッポー号を応援し、ついにポッポー号は力強く蒸気を上げ、再び動き始めました。そして、みんなに見送られながら、リリーちゃんとポッポー号は次の森へ向けて出発したのでした。

以上であらすじは終わりです。

ひとりで悩まず、みんなで力を合わせて困難に立ち向かっていくことの大切さや、失敗を恐れずに何事にもチャレンジすることの尊さを感じさせてくれるお話だったように感じました。

今回は飛行船のドローンである「ガオガオ丸」が観客席の上空を飛び回ったり、大きな機関車が舞台に現れたりと、ビックリするような趣向も凝らされていて、とても楽しい舞台でした。

スペシャルアンコールは「汽車ぽっぽ」に合わせてしまじろう君たちが電車ごっこをするというものでした。

さいごに「なかのZERO」ではこんなかわいいものも置いてありました。

しまじろうともりのきかんしゃ(その3).jpg


みんなが木に登っていますね。とても楽しそうで、温かな気持ちになりました。

しまじろうコンサートは、とても楽しく、小さなお子さんが楽しめる趣向がふんだんに盛り込まれています。おむつ替えスペースや授乳スペースも用意されています(といっても、そんなに広くはありませんが・・・。)おトイレもいつも不足がちです(これは仕方がないところかもしれません。)が、興味がある方は、観に行かれるのも良いかもしれませんね。

あ、あと、にゃっきいちゃんの声は杉本沙織さんでした。何となくほっとしました。

それでは、今回はここまでとしたいと思います。
ごきげんよう、またお会いしましょう。

しまじろうともりのきかんしゃ(その1).jpg


しまじろうともりのきかんしゃ(リリー)(JPEG).jpg


機関士のリリーちゃんは、こんな感じのリスの女の子です。

nice!(54)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 54

コメント 2

mwainfo

いつもご訪問ありがとうございます。ブログのご活躍にご健闘を!
by mwainfo (2017-05-28 08:11) 

讃岐人

mwainfoさん、おはようございます。
こちらこそ、ご来訪下さりありがとうございます。
不定期更新ですが、よろしくお願いいたします。
ありがとうございます。
by 讃岐人 (2017-05-28 09:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: