So-net無料ブログ作成

数の平等を望む人、そして、きょうのらくがき(2018年6月8日) [日記]

こんばんは。
今夜もこの不定期更新ブログに目を通して下さりありがとうございます。

相当久しぶりの更新になります。

本当は、しまじろうの映画のことや夏のコンサートのことなど、紹介したいことがたくさんありますが、それはまた別の機会にして、今日は疑問に思ったことをぽつりぽつりとつぶやきます。

今日のテレビ朝日の「報道ステーション」で、スペインの閣僚の6割が女性、ということを紹介していました。それはそれで良いのですが、日本の「閣僚や国会議員の女性の人数の少なさ」についてもコメンテーターを交えてアンカーが話をし始めると、やはり数値目標だとかクォーター制などの話になり、ばからしくなってチャンネルを変えてしまいました。

私は、男女の性をことさらに取り上げて、数の平等を訴える論には賛成しかねます。

まず、クォーター制は法の下の平等に反すると思います。男女の性別による差別を禁止しておきながら、一定数を性別により保障することは矛盾しています。それを容認するのであれば、憲法を改正し、不利益を是正するための性別による優遇措置は法の下の平等の例外という規定を設けなければいけないでしょう。

次に、数値目標です。「女性管理職を全体の3割以上」とか言っていますが、それでは他に著しい男女の人数差がある職業や職種にも言及しないのはなぜでしょう。私なら、それならば女性の割合が多い飲食業、特に夜に賑わうバーやパブやクラブやラウンジ等で接客する人を、どの店も男女同数配置することを義務化すべきだと思います。看護師も92%が女性だそうなので、半数は男性にするべく教育体制などを整えるべきでしょう。逆に、清掃業は8割ほど男性が就労しているようなので、これも同数を目指すべきでしょう。

どの研究者もマスコミも統計も「管理職」や「政治家」の男女比は熱心に論じますが、その他の業種には一切関心を向けていないように思います。女性で男性の看護師にケアして欲しくない方がいるように、男性で女性の看護師にケアして欲しくない人もいるでしょう。

意地の悪い見方をすると、いま日本で言われている「職業上の男女平等を目指す」論を唱える方が、「給料の良い看護師などの職業は女性が独占するのは構わない。給料の良くない清掃業は男女比に目を瞑る。で、社会的影響力の大きい職業は、男性の数が多いものは批判するが女性が多いところはあえて言及しない。」ような態度を取っているように思えるのです。

こう言うと「いや、そうじゃなくて、女性が妊娠や出産や家事労働を担っているため、外で働きにくい構造があるので、継続的な勤務が必要な管理職への登用が進まず、政治などへの進出もできない状況になっていて、その構造を変えたいのだ。」と「同数論者」の皆さんは仰るのかもしれません。

それなら、素直にそれを目指せば良いじゃないですか。数値目標なんて一切必要ありません。

政治家も管理職も、なりたい人が目指せば良いのです。そこに男女の違いなど持ち込むからややこしくなるのです。働きやすい環境、それ以上に誰もが生きやすい環境を整えてやれば、手をあげる方は手をあげるのです。

昔、私が通っていた小学校や中学校、高校などでは、生徒会や児童会の役員への立候補に際し「会長は男子、副会長は女子」みたいな雰囲気があり、おおいに憤慨したものでした。社会にいまだはびこる同様な雰囲気を払拭し、セーフティーネットも整えて、どんな性別でも(もちろん、生れた時の性別から別の性別を選択した人も。)、体が不自由だろうが、心に傷を持っていようが、どんな人でもひとしく生きやすい社会を目指せば、結果は自ずから現れる。私はそのように思うのです。

だから、何か別の意図を持っているとしか思えない「数値目標」に強く反対するのです。

いろいろと書き過ぎてしまいました。面白くない前置きはこれくらいにして、今日のらくがきです。

虹こたえ(JPEG).jpg


梅雨に入りましたね。梅雨の晴れ間に元気に遊ぶしまじろう君たちです。雨の日が多くなりますが、気持ちを明るく持って楽しく過ごしたいですね。

ここまで目を通して下さり、ありがとうございます。
それでは皆さま、ごきげんよう。
またこのブログでお会いしましょう。
nice!(91)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 91

コメント 4

majyo

お久しぶりでした!

仰ること、もっともだと思います。
政治家の一定数を女性にでは無くて
女性がなりたい職業に力を発揮できるようにすることが大切だと思うのです。
男尊女卑を地でいきながら、数だけは一定に
私も違和感を感じます

by majyo (2018-06-09 06:24) 

讃岐人

majyoさん、おはようございます。
ご無沙汰しております。
梅雨に入り蒸し暑い日が続いていますね。ご自愛なさって、元気に夏をお迎えください。

今の政府が唱える「男女共同参画」や「女性の活躍」の本音が「労働人口が減り、産業の競争力が低下することを防ぐ」ところにあるから、おかしなことになっていると思います。

政府は女性の就労者数の増加を誇っていますが、その実態は「働かなければ生活が成り立たない」ほど貧弱なセーフティーネットや、資産を持たない人から搾り取ることを容認する社会の構造にあると思います。
保育園の費用に手取り給与の多くが消えることや、歴史的経緯からたまたま都市に不動産を持つ人や不動産開発業者に多額の家賃等の支払いをしなければならないことや、住宅ローンや、高すぎる教育費など、死ぬまで働かざるを得ない仕組みそのものに手を付けずに、小手先だけの変更で改革した気になっていることに、よくみんな我慢できるなぁと思っています。

自分の生き方のために働くというより、生活を回すために働く人がいかに多いことか。ソニー生命の調査ですが、同社主催のアンケートに回答した働く女性の2割しか管理職への登用を望まず、4割の人が「本音は専業主婦になりたい」と考えているそうです。一方で専業主婦の8割が老後が心配だと回答しているそうです。( http://www.sonylife.co.jp/company/news/29/nr_170418.html

本当は誰もが自分の生き方を優先したいのに、働かなければ生きていけない。働いてお金を得なければ安心できない。そんな社会になっていることがわかります。

建物の減価償却期間から考えるともっと安くなるはずなのに、短期間で建築費などを回収するために設定された「法外な家賃」を取ることへの規制が一切ないこととか、40年も借金を返し続けなければ家が買えないとか、職場に近いところに家を借りようとすると10万出しても親子が雑魚寝しなければならないような家しか借りられないから、何時間も時間を使って通勤するとか、公的年金が国民年金の場合40年掛け金を納めても年779,300円しか支給されない(単身世帯の生活保護費の年支給額平均は812,964円)とか、手を付けるべきところはいくらでもあるでしょう。

産業に奉仕させられるのではなく、産業が奉仕すべきだと思うのです。人間が減っているのに「経済が成長」するのは不健全です。例えて言うと、収入が無いのに借金をして高価な買い物をしようとしているようなものです。人口が減るなら、それに合わせて経済も縮小してゆくべきでしょう。現金収入が少なくても生きやすい社会と安定した経済縮小を目指す。これこそが本当の意味での構造改革だと思います。

ありがとうございます。
by 讃岐人 (2018-06-09 08:09) 

風船かずら

つぎはぎだらけの小手先の改革を改革と思うことがちっともよくならない理由、そんなことによく我慢していられる本当にそう思います。
by 風船かずら (2018-06-10 15:55) 

讃岐人

風船かずらさん、こんばんは。
どうしても「お友達」や支持層の既得権や利益を守りながら政策を進めなければいけないから、小手先の改革ごっこにしかならないのでしょうね。漸進的に行うと言えば聞こえは良いですが、実態は産業界の言いなりになって、人間を機械のように扱うばかりです。

経営者なんて人たちは、生き残り競争に生き残った人か、閨閥出身でそもそも地べたを這いずり回るような経験の無い方ばかりなのですから、普通の人の痛みなど分かろうはずがありません。

私は、個人的には,行政府と立法府が未分化である議院内閣制という仕組みや、「政党」という何の民意も反映しない組織が行き詰まりの根本的な原因だと思っています。特に「政党」が「民主主義」に一切寄与しないことは、歴史的に見てもソ連共産党、クメールルージュ、ドイツのナチスやイタリアのファシスト党などで明らかだと思います。

「政党」は個人個人が組織を指導するのではなく、組織が個人を指導します。「政党」の意向を実現するために民衆を動員・扇動する組織が「政党」です。いまだかつて私は、主要な政党が、政策を決めるために一人も漏らさず意見集める機会を設けるとうことをしたとか、一人も漏らさず意見を交わし政策を立案するための集会や意見交換会などを全国津々浦々で開いたということを知りません。どの党の「党大会」も、党の指導層を形成する一部の人が作った政策綱領を披露し、形式だけの承認を得る儀式に過ぎません。だから「政党」が一人一人の問題に寄り添うことは絶対にありえないのです。ゆえに私は「政党の無い民主主義」こそ、民主主義の理想的な姿なのではないかと思っています。

そのような「政党」と産業界や閨閥出身のお友達が結びついているのですから、個人個人の生きやすさなど政策に上がるはずがなく、人々の置かれる状態がよくなるはずが無いと思います。本当に日本人はよく我慢していられるものだなぁ、と思います。
コメントありがとうございます。
by 讃岐人 (2018-06-10 19:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。